Biography

 

Singer 宮坂 俊行

 

幼少期をアメリカで過ごし、様々な洋楽に触れて育つ。
小さい頃から歌うことが好きで、8歳のときに合唱団に所属。
成年より本格的に活動を始め、音楽活動の他に役者として舞台やTV出演なども経験する。
Popsを北川とみ氏、Jazzボーカルをウィリアムス浩子氏に師事。
確かな歌唱テクニックと叙情的な甘い歌声、甘いマスクでリスナーを魅了している。

2017年 10月18日ファーストアルバム「CLOSE MY EYES」をリリース。
ウィリアムス浩子氏をプロデュースに迎えた作品。好評にて、追加生産が決定。
amazonのJazz、フュージョン総合チャートで4位に入るなど話題を呼ぶ。

現在は拠点を名古屋から東京に移し、全国的に活動を広めている。

 

2013年老舗劇団シアターウィークエンド40周年記念公演にて、愛知県芸術劇場でゲストとして出演。
2014年より、かねてより念願だったJazzボーカルとしての活動を本格的に始動する。
2015年から2018年Jazzフェスティバル「名古屋Jazz Street」に4年連続出演。
2016年、2017年Nagoya Groovin’ Summerに出演。
2016年10月パナソニック主催のチャリティーコンサートにて、中電ホールに出演。
11月岡崎ジャズストリートに出演。2018年、2019年と再出演を重ねる。
2017年9月新潟県、松之山温泉Jazz Streetにて、大トリを務める。
2017年東海地方のCBCラジオ、Radio NEO、北海道帯広のFM-JAGA、高音質衛星放送Music Birdなどに『Close My Eyes』を取り上げられ出演。
12月FM富山、FM徳島、FM新潟に放送された、小川もこ氏のラジオ番組「MO’ COOL JAZZ」に出演。
Jazz Japan、Jazz Lifeやオーディオ雑誌、月刊StereoやMJ 無線と実験、月刊誌“月間なごや”にインタビューや『Close My Eyes』について掲載される。
2018年1月ドラマー菅原高志と九州を中心に11日間に及ぶツアーを行った。
2018年5月アルバム発売を記念した、ウィリアムス浩子氏との南青山Body&Soulにおける双頭ライブを盛況のうちに終え、9月7日の単独での公演も満席、盛況に終える。
2018年8月吉田栄作Summer Liveにて、Acostic Duoユニット『キメナイト』としてOpening Actを務める。
2018年8月熊本マチナカ音楽祭に菅原高志とのバンドで出演。日野皓正氏、ウィリアムス浩子氏、Shiho氏、SHANTI氏、柴田敏孝氏、井上銘氏(STEREO CHAMP)、DON DE DONと同じステージに立つ。
2018年9月名古屋のミュージシャンが主催するJazz Festival『Jazz CONNECTION in NAGOYA』にてClose My Eyesレコーディングメンバーで今池ガスホールに出演。
2018年11月日本武道館ライブを果たしたバンド、松ヶ下宏之、別所悠二からなる『Bluem of Youth』のコンサートにOpning Actとして出演。
2019年4月自身のユニット『キメナイト』で六本木Alfieに初出演
2019年6月に名古屋市のちくさ座円形劇場にてキメナイト結成一周年記念コンサートを企画。
動員数は250人近くになり当日券が販売中止になるなど、盛況に終える。
次回は11月12日に同ちくさ座にてアルバム発売記念コンサートを企画。
2019年10月25日26日、2020年と、2年連続で『阿佐ヶ谷Jazz Street』にて、阿佐ヶ谷地域区民センターに出演。
2019年12月読売テレビ『ピーチCAFE』年末特別放送にゲストとして出演。
2020年1月12日にメインボーカルとギターを務める、
アコースティックDuoユニット『キメナイト』のFirst Album“Colors of Covers”が発売。
プロデューサーに松ヶ下宏之氏を迎えての作品となる
レコ発ツアーとして、東京、神奈川、北陸、中部、東海、関西、四国、九州などを周る。
2020年新しくInstagramやFacebookでのライブ配信を開始する。
2021年現在、自身の2ndアルバムやPVの制作中である。